エンジェリウムウォレットでのUSDT取り扱いについて

エンジェリウムウォレットでのUSDT取り扱いについて

エンジェリウムからの公式アナウンスをまとめました。エンジェリウムウォレット内のUSDT取り扱いについての連絡です。現在、USDT OMNIのAPIが不安定ですので、ヘブンをされる際には、BTCかETHがオススメです。

エンジェリウムウォレットでのUSDT取り扱いについて

先日より続いておりましたUSDTに関する調整は、USDT OMNIのAPIの不安定さによるものであり、BINANCEなどの大手取引所もUSDT OMNIからERC20に変更するなど対処を講じています。現在のUSDT OMNIの仕様について下記の状況が確認されています。

USDT OMNIは現在1トランザクションあたり約$8~$20のマイニングフィーがBTC建で必要になります。

エンジェリウムウォレットは現時点で約$8の設定ですが、それでもコンファメーションの完了までに数時間を要しており、他の取引所のように$20ほどまでマイニングフィーを上げるか、エンジェリウムウォレットユーザー様がそれらを選べるようにするかで対処を考えています。

また現在はBTCやETHを用いたヘブン(HEAVEN)の際はエンジェリウムウォレット側がトランザクションフィーを負担する仕様となっていますが、USDTのヘブンにおいて、またUSDTを外部に送信する際ばトランザクションフィーがユーザー様のエンジェリウムウォレットのBTCアカウントから引かれることになります。(これはエンジェリウムウォレットではなくOMNIの仕様によるものです)

  1. USDTアカウントからヘブン(HEAVEN)へ
  2. ヘブン終了時にはヘブンアカウントからUSDTアカウントへ2度この比較的大きなトランザクションフィーがエンジェリウムウォレットユーザー様のBTCアカウントにチャージされます。

現在既にエンジェリウムウォレットユーザー様はエンジェリウムウォレット内において、USDTでヘブンおよびトランスファーができる状態ですが、それが今もできないエンジェリウムウォレットユーザー様はBTCアカウントに十分なBTCが残っているかをご確認いただく必要があります。

上記のようにトランザクションの遅さのあまりヘブンや、トランスファーの反映に非常に時間を要します。またそれらOMNI自体の仕様によるお問い合わせやクレームにはANGELIUM側としても対処することができませんので、それでも良いと思われるユーザー様はご自身の判断の上でUSDTをご使用いただければ幸いです。

なお、近日中にOMNIからERC20への変更などを含めた追加方針を発表します。

エンジェリウムウォレットUSDT使用機能実装

USDTとは何か?ERC20とOMNIの見分け方についてはこちらの記事をご覧ください。

サポートについて

サポートを受けながら安心して参加されたい方は、下記のLINE@へ登録後、エンジェリウムウォレット(ANGELIUM WALLET)に興味がある旨をメッセージください。

エンジェリウム日本サポート「LINEグループ」にご招待させていただきます!

友だち追加

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*